こだわりのスウェット生地

バイカーファッション

スウェット生地に種類があるのをご存知ですか?

こだわりのスウェット生地

普段私たちが何気に着ているトレーナー、パーカー、スウェットパンツですが、スウェットに生地の種類があるのをご存知でしたでしょうか?

スウェットには裏毛(裏パイルとも呼ばれます)と裏起毛の二種類があり、表と裏の二重構造となっており、裏面がパイル状となっているスウェットを裏毛、文字通り裏毛の編みを起こした物が裏起毛と呼ばれています。

スウェット生地は秋から春にかけての定番として皆様の日常にも欠かせないものになっている事と思います。

無地からプリントや刺繍など個性を活かした着こなしが出来るのも特徴です♪

私も秋からのファッションには欠かしたことがなく、毎年色んなスウェットを購入しています。

今回はそんな身近なスウェットについて掘り下げてみようと思います。

スウェットの誕生は1920年代

スウェットの誕生は1920年代にアメリカのラッセルアスレティックの創業者の息子、ラッセル ジュニアがそれまでウール素材で作られていた運動着をコットンに改良することを提案して出来たのが起源とされています。

それまでの運動着がウールだったなんて今では信じられない事ですよね!
ウールだと暖かいのでしょうが、汗も吸わなくて動きづらかったと思います…。

素材がコットンに代わってから、それまでのウール素材より動きやすく肌触りも良く吸乾性も抜群になったのはご明察の通りですよね!

“スウェット=汗”を意味することからスウェット素材と呼ばれるようになったそうです♪

裏毛、裏起毛どっちがいいの?

裏毛(裏パイル)の良さはタオル生地のようになっている為、保温性にも優れており吸水性もあるのでスポーツをする方にとても適したものとなっております。

また、生地自体の厚みも抑えられているものが多いので重ね着をする方にもごわつかず、快適に着ていただけます。

一方、裏起毛はというと起毛されていることによりさらに生地の中に空気が多く含まれることによって保温性が高まり、肌触りもふんわりとした感触で着心地も抜群です。

用途に合わせて生地を選ぶのも良いのかもしれませんね!


私個人の好みでは裏起毛の方が肌触りも良くて暖かいので購入するときはそこも決め手となっています。

デザインももちろん大切ですが、素材も自分に合った物を選びたいですよね!

私のブランド『GO AHEAD』では主に裏起毛の素材を選んでおります。

バイク乗る時に少しでも暖かく身を包んで欲しいと言う願いと、着たときにフワッと柔らかい気持ちになってくれたらいいなって私の気持ちでもあります。

着て頂いたときにそう言う気持ちになってもらえたら本望です♡

私がオススメする、これから大活躍間違いなしの本命パーカーのご紹介です!

着用サイズS 165cm(日本サイズより少し大きめです)

RLCT Logo Hoodie

こちらはピグメント染め(顔料染め)加工が施されたパーカーです。

9.5オンスの裏起毛ボディーなのでしっかりしています!

こちらの後染めは約50回の洗い加工がされており絶妙な色合いと質感を醸し出しております。

インポートサイズなので少し大きめサイズが特徴的です♪

フロントにボックスロゴ、バックに大きめのロゴでシンプルなデザインながらリフレクタープリントを用いておりライトなどの光で反射するインパクトあるパーカーです。

特に夜にお出かけする方にはオススメです!

Just wanna ride Hoodie

大人気の ” I just wanna ride you”(ただあなたに乗りたい)と言う意味深なメッセージが込められた車種不明のバイクが描かれたロゴパーカー

どんな車種に乗る方も違和感なく着ていただけるようにあえて存在しないバイクの車種で描いて頂いた当店の看板ロゴです。

肝心なボディーは10オンスの裏起毛で厚すぎない、薄すぎない、ちょうどいい厚みで着心地も抜群!!

とにかくこのロゴはカッコよく、大変人気のロゴなので毎回すぐに品薄になるほど!

全種類購入する方も多数いらっしゃるほどの看板ロゴデザインです。


最近ではオーバーサイズに着こなすのが主流になり、少し大きめサイズを購入する人が増えてきています。

私も以前はジャストサイズで着ていましたが、最近ではトップスはオーバーサイズを着ることが多くなりました💕

着用サイズXL 165cm

男性の皆様にも大きめサイズが動きやすくて、今っぽくカッコ良く決まると思いますので普段よりワンサイズ上をチョイスしてみては如何でしょうか?♡

まとめ

今回は私たちが普段何気に着ているスウェットの種類について色々と掘り下げてみましたが、暖かさや着心地を優先するなら裏起毛がオススメです。

もちろん裏毛でも厚みのある素材を使ったスウェットもございますが、その分重みも出てきます。

これからの時期に活躍するスウェットは一枚ならず何枚でも持ちたいですよね♪

暖かくオシャレなスウェットで秋冬のライディングを楽しみましょう♪

Aya💓

ブログランキングに参加しています♪

クリックで応援していただけたら嬉しいです♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました